田渕美術工房

田渕美術工房

美術紀行 花のアフロディテ -ギリシャ・イタリア編-

千年を生きる美

"新しき美術の誕生は新しき文明の興隆をもたらす"
これは歴史の証言であった
美は調和と平和と幸福の羅針盤
新たなる文明の導火線------
社会の真実の繁栄を求めて美術の旅を進めた

第一章 経済大国から文化大国への道 ロードス
第二章 哲学の峰 パルテノン
第三章 芸術家の生と死(ギリシャでの語らい抄)
第四章 創造と崩壊 思索するローマ
第五章 花の都 ミケランジェロの丘
第六章 「最後の晩餐」とガンダーラ美術
第七章 「最後の晩餐」と「馬鈴薯を食べる人々」

本書は、2003年5月の末に、西洋美術の源流を訪ねてギリシャ、イタリア、八日間の旅をした記録である。

旅は、ギリシャのロードス島から始め、アテネに滞在し、イタリアに移ってローマ、フィレンツェ、そしてミラノへと動いた。また、ハプニングからオランダのアムステルダムにも立ち寄ることとなった。

愛と美の女神アフロディテ探しの旅である。永遠の愛を求め、永遠の美を探しての旅であった。

本書を手にされる方が、なるべく肩が凝らないかたちで一緒に旅をしている気持ちになって、自然に美術のあり方、重要さに思いをめぐらせてくださればとの意図から、時系列に沿った会話形式にし、そのときどきのデッサンなどもできるだけ掲載することとした。いまだ研鑽途上の駆け出しの者がこのような形式の書を世に問うことは、異例のことには違いないが、どうか心を汲んでいただきご一読いただければ幸いである。

著 者

1 | 2 | 3

書籍のご購入について

詳細は田渕美術工房へお問い合わせください。
美術紀行 花のアフロディテ -ギリシャ・イタリア編-   田渕 隆三 著
霞出版社   定価2,700円(税込)
前のページに戻る このページの上へ
ホーム
コンセプト
プロフィール
ブックス
作品
絵画教室
プレスリリース
トピックス
アクセス
会社概要
サイトマップ
お問い合わせ
Copyright © 2006-2019
Tabuchi Art Atelier
All Rights Reserved.